スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
066. 床、ぬりぬり(ゴシゴシ)
 2011.06.29 Wed
written by maimo*
暑くなりました~~!!
ここ信州松本でも、最高気温は33度超え。クーラー無しの社宅、さすがに昼間はツライです。
夕方6時になると、さ~っと冷たい風が吹いてくるので
関西や関東の熱帯夜のつらさはなく、一時の辛抱なんですけどね。

こないだの週末は、古民家の床を塗りにいってきました。
暑い日でしたが、天井が高くなり風通しも良い古民家、風を感じて涼しく心地よい空間です☆

DSC_9403.jpg

奥に見えるのは元床の間だった所。
作り付けの棚にしてもらい、本棚やテレビ台として使います。

夫と建築士さんチョイスの床仕上げ材「キヌカ」

DSC_9668.jpg

お米の油です。
当然ですが匂いがなく、子供たちが居ても、安心して塗れる素材です。
あ、走り回って塗ったばかりの所を踏まれないように…と言う点では他の塗料と同様、安心できませんが^^;

DSC_9415.jpg

まずは箒で掃き掃除、その後固く絞った雑巾で拭き掃除。床が乾いたら準備完了。
ウエスを浸して固く絞り、雑巾掛けのように、磨いて艶出しをするように、ゴシゴシ。
無垢のパイン床の木目が引き立ってきます。
主に夫が頑張り、時々私が交替(笑)
いや、サボった訳ではないのです。子供たちも見ないとだから…^w^;

トイレと家事コーナー、階段下~薪ストーブ横を塗っただけの私ですが、
力を入れすぎて翌日は胸筋と膝が痛かった☆
こうやって自分の手で仕上げると、愛着ひとしおです。


「家をピカピカに磨き、結界を張って、家族の健康と幸せを守るのが主婦の仕事」
というのが実母の信念であり、口グセ。
整理整頓や掃除が苦手で呆れられてきた私ですが、
ひとまず固絞りぞうきんでの掃除をしっかり!!から頑張ります。
頑張れそうな気がしてきたぞー☆☆
スポンサーサイト
23:32:19 | 建築中 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。