スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
ご無沙汰いたしました!
 2011.06.12 Sun
written by maimo*
ご無沙汰してしまいました!
産後、ブログを休んでいる間に、本当に大きな出来事がありました。
3ヵ月前、世の中ががらっと、方向を変えました。


地震。そして、原子力発電所の事故。


産後で家を出れない中、想像を遥かに越える恐ろしい現実を、テレビやネットで次々と知り
わずかな募金や、支援物資を送る事以外何もできない自分の無力さをまざまざと知り

長野県でも、ここ松本でも1日何度も余震が続き、
「また大きい揺れが来たら、子供2人を連れて、守って、どうやって逃げれば?」と、
暫く子供たちを連れて京都の実家に戻っていました。

5月になり信州へ帰ってきても
家を無くした方、家に戻れない方が沢山おられる中で
自分たちの家の工事の進捗をブログに書く気にはなれず、3ヵ月も経ってしまいました。


放射性物質で汚染された食べ物の危険性についても、ずっと調べていました。
現在の日本の暫定基準値は、事故前の50倍~200倍。
とても安全だとは思えない。

  情報を開示し子供と妊産婦を守れ 松本市長 菅谷 昭 氏 インタビュー
 (現松本市長 菅谷昭さんは、チェルノブイリ事故後現地で
  子供たちの甲状腺癌の治療にあたられた医師です。)

放射性物質を取り込む事による内部被爆の影響は、専門家にも分からない事だらけ(らしい)。
小さい子供が体内に取り込んでしまった場合の影響は、大人の10倍とも100倍とも言われている。
私は、少しでも汚染されていると思われる物は、子供たちに食べさせられない。怖い。
うちの子たちだけじゃない、子供たちみんなに、食べさせたくない。
そのために何が出来るのか。
家庭内では、食べ物を徹底的に選ぶこと。出来る限り手作りすること。
ほかの子たちのためには…?
話をしても「売ってる物はだいじょぶじゃないの~?」と言っているママ友さんも多い。
そうなのかもしれない。心配しすぎるのも良くないのかも知れない。
不安に思ってない人を不安にさせるのも、よいことなのかどうか分からない。
今の、高すぎる暫定基準値ではなく
心配しすぎなくても食材を選べる安全な規制値に、早くしてほしい。
そのためになにが出来るのか、、、
普段使っている食品のメーカーや、スーパーに電話をして、身近な所から
「今の政府の基準では危ない、安全な基準値を設けて下さい」とは訴えているのだけど
…まだ分からない。

でも、少なくとも空気や食べ物をこんな風に汚染する根源は、止めるべき。
事故が無くても、放射性の廃棄物の処理を子供たちが何万年も担わないといけなくなるような
電気の作り方は、止めるべき。
そう感じたら、調べて考えてるだけじゃなくて、ちゃんと言わなきゃ。表現しなきゃ。

昨日は子供2人連れて、デモに参加してきました。

今日は新しい家の草刈りに行っていて、オンタイムでは観れなかったけど
官邸で行われ、ネットで生中継された懇談会の録画、さっき見終わった所です。

  自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」(全編)-平成23年6月12日
 (↑2時間弱あって長いけど、ぜひ!
  管総理を囲んで、ソフトバンク孫社長やサッカー岡田監督、坂本龍一さんなどが、
  エネルギーこうしていこうよ、と話されています。)


この週末、自分の足で歩き、自分の声で話し
また総理大臣や有名な人たちが形式的じゃなく話し合われているのを観て

もんもんと調べるだけじゃなく、恐れすぎるだけじゃなく
地に足をつけて、自分や家族の生活と並行して、バランスとって
守りながら、変えるための行動をしていこうと、ようやく思えるようになりました。



宿場町の古民家。
地震の影響で、窓サッシやユニットバス、キッチン、トイレ等の設備がいつ入るか…
断熱材やベニヤ板、木材等の資材も、被災地優先になるので確保できるか…
大工さんたちが仮設住宅の建設に行かれ、大幅に工事が遅れるかも…

などなど、様々な心配はありましたが
有り難いことに、地震の揺れによる直接的な被害はうけず
4月末になって窓や設備も入りだし、工事が進んでいます。
ご心配下さった方々、ありがとうございます!

工事の進捗具合、今日からまた、書いていきます。
歯抜けになっている所も徐々に書いていきたいと思いますm_ _m



地震による被害を受けられた方々、大事な人をなくされた方々が
ほっと出来る状況に、はやくなりますように。
原発の事故がはやく収束し、子供たちに健康被害が出ませんように。
スポンサーサイト
22:43:56 | 未分類 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
065.キッチン搬入!
 2011.06.13 Mon
written by maimo*
あれこれ検討していたキッチン。数日前、搬入されました!
いままで見慣れたスケールの物がなくて広さを実感していなかったのですが…
なんて大空間!うっとり…**こんな広い所に住めるなんて、ドキドキ。
(床の拭き掃除、1時間くらいかかったりして…^^;;;)

DSC_9399.jpg

最終的に決めたのは、これ。深澤直人さんのPanasonic『float』です。
シルバーのハコの上に本体が乗っているようなデザイン、面材のツヤ、薄い人造大理石のラインが軽快。
主張しすぎずシンプルで、でも静かな確かな存在感。さすが深澤デザイン!

DSC_9395.jpg

ステンレストップを第1条件にしていましたが、最終的には条件が移り変わってきました。
リビング側から見た素材感、かたちが美しいもの。そして、価格(汗)
全てがうまいこと、私達の希望に添ってくれたのが『float』でした。

DSC_9406.jpg

水栓は別注にしたので、これから。届いたらご紹介します^^*

DSC_9413.jpg

そして、早速だけど少し後悔していることが2つ。
火、IHにしたのですが…
電磁波大丈夫なのかな?本当はガスがいいのだけど、IHの方がコストが安いみたいだし、掃除簡単そうだし…
と、悩みながらIHにしたのですが…
電気に関するいろいろな問題が出てきた今、また電気代も上がりそうな中
ガスにしておけば良かったな、と。

311で私の価値観が大きく変わってしまったので(たぶん、多くの人が価値観変わられたと思います)
変更できないか聞いてみたのですが、間に合わず。
ここは仕方ない。出来るだけ火を無駄遣いしない調理法でいきます。
ガスであれ、電気であれ、限られたエネルギーを無駄遣いしない事が何より大事。

…そう!!古民家には、夫イチオシ薪ストーブがある!!
入居前の今も、倒れた木があると聞きつけては貰いにいき、薪にしてくれている。
冬場は薪ストーブに乗せて煮込み料理だ!

もうひとつは食洗機。
これも311以降、使う電気を減らそうといろいろ調べていたら
食洗機はかなりの電力を消費するということを知り…
フルタイムで外で働く主婦なら、時間を有効に使うために食洗機を使われるのもアリかもしれません。
でも、私は、暫くは家で子供と過ごす専業主婦。電気を使って洗い物…という行為、贅沢に思えてきます。
ここも変更間に合わず、ついていますが、勿体なくて使わないかも。たぶん。
対面式キッチンになったので、家族の様子を見ながらの食器洗い、楽しくなりそうだしね*^^*

DSC_9422.jpg

今日いちばん嬉しかった事。
この家で生まれ、近所に嫁いでいらっしゃるおばあさまが訪ねてきて下さいました。
家の中を見て、「まぁ、ここも風が通って。ここも広くなって。」
「遠くに居る兄にも『こんなに立派になったのよ』って話してるんですよ。
今度息子が来たら、写真撮って送ってもらおうと思って。」
「工事が遅れて、引っ越してきてくれるのを待ってる身としては長かったわ」と。

この家に住んでいらした方が、もし「変わってしまって寂しい」と感じていらしたら…と
どこかで心配だったので、
私達が住む事を喜んで待っていて下さる事が分かってとても安心しました^^**
お引っ越ししたら是非是非お招きしなきゃ☆
07:15:34 | 設備探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
066. 床、ぬりぬり(ゴシゴシ)
 2011.06.29 Wed
written by maimo*
暑くなりました~~!!
ここ信州松本でも、最高気温は33度超え。クーラー無しの社宅、さすがに昼間はツライです。
夕方6時になると、さ~っと冷たい風が吹いてくるので
関西や関東の熱帯夜のつらさはなく、一時の辛抱なんですけどね。

こないだの週末は、古民家の床を塗りにいってきました。
暑い日でしたが、天井が高くなり風通しも良い古民家、風を感じて涼しく心地よい空間です☆

DSC_9403.jpg

奥に見えるのは元床の間だった所。
作り付けの棚にしてもらい、本棚やテレビ台として使います。

夫と建築士さんチョイスの床仕上げ材「キヌカ」

DSC_9668.jpg

お米の油です。
当然ですが匂いがなく、子供たちが居ても、安心して塗れる素材です。
あ、走り回って塗ったばかりの所を踏まれないように…と言う点では他の塗料と同様、安心できませんが^^;

DSC_9415.jpg

まずは箒で掃き掃除、その後固く絞った雑巾で拭き掃除。床が乾いたら準備完了。
ウエスを浸して固く絞り、雑巾掛けのように、磨いて艶出しをするように、ゴシゴシ。
無垢のパイン床の木目が引き立ってきます。
主に夫が頑張り、時々私が交替(笑)
いや、サボった訳ではないのです。子供たちも見ないとだから…^w^;

トイレと家事コーナー、階段下~薪ストーブ横を塗っただけの私ですが、
力を入れすぎて翌日は胸筋と膝が痛かった☆
こうやって自分の手で仕上げると、愛着ひとしおです。


「家をピカピカに磨き、結界を張って、家族の健康と幸せを守るのが主婦の仕事」
というのが実母の信念であり、口グセ。
整理整頓や掃除が苦手で呆れられてきた私ですが、
ひとまず固絞りぞうきんでの掃除をしっかり!!から頑張ります。
頑張れそうな気がしてきたぞー☆☆
23:32:19 | 建築中 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。