スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
058. デルタ、10回目の打合せ
 2011.01.17 Mon
written by maimo*
5年ぶりの厳しい寒さ&雪の週末となった信州。
今年1回目の、デルタさんでの打合せでした。2011年、なにとぞなにとぞよろしくお願いします!です。

R1022630.jpg

本日のメインイベントは、基本プランの決定。

年末の打合せで気になる所はほぼ話し合えていたのですが、薪ストーブの位置が角か真ん中か…は検討事項でした。
年末年始、夫が熟考した結果
(なんといっても築140年以上、どんなに頑張ってもらっても気密性は現代住宅ほど臨めないと思うし
暖かさ最優先でストーブは中心に!)と、
今回の打合せでの代表Kさんの「裸火(らび)は真ん中がよい、囲炉裏しかり」との意見で
薪ストーブの位置、中心部に確定することに。


その関係で階段の位置が、ちょっと微妙に。
ストーブを中心に置くと、階段の昇り始めが、玄関からリビングキッチンへ向かう廊下にとび出す状態。
やっぱり一間の廊下は同じ幅で通したい!という私の希望で、
家事スペース裏にうまく入れ込めないか考えて頂くことになりました。
ここのみ、メールでの承認にさせて頂いて、あとは確定。

wakamatsuya_top.jpg

屋根の中心部にある煙出しについて。(この↑、上に乗っている小屋根の部分。
今は何もはめ込まれておらず、その名の通り「煙出し」。1枚目の写真が、内側から見た様子です)
採光上は透明にしておいた方がよさそう…と思っていたのですが
アクリルやガラスにした場合のメンテしにくさ(屋根に登らないと掃除出来ない)と
傷みやすさ、断熱のことを考え、塞ぐことに。

キッチン等の設備については、決定は月末。設備ツアーで候補を一緒に回って下さるそうです。
で、どうしても気に入るものが無ければ造作で。ん~~、悩む。


そうそう、基礎についての説明も。
柱によって個々に沈んでいるものがあったそうで、(水平を見るためのレーザーだったのですね)
それを上げられる所まで上げながら、区画毎に、4~5種類の基礎を作る計画だそう。
山からの水が流れて来る所なので、防湿コンクリートも。
防蟻はどうするか…という話もありました。ひとまず、防蟻処理は「する」、
方法を何にするかの判断はお任せすることに。

このあたりは専門家に任せて、暮らしプランを詰めるのに力点を置いて下さいね、とのこと。
(もちろん口を出せるはずも無く…よろしくお願いします☆)


あと、前々回の記事で書いた、南側の窓の開け方。
どうしようかなーと思いながらいいアイディアが浮かばなかったのですが
夫から「おおっ!!」というアイディアの提案が。
寝てばっかりやと思ってたら、えぇこと考えてるやーん!と、見直しました^^*
こちらはどんな感じで実現可能か、建築士さん、「宿題にさせて下さい」とのこと。
固まってきたらコチラでもご紹介します♪♪



気付けば、デルタの方々とお会いするのももう10回目。
ハードなスケジュールの中、いつもじっくり話をさせていただいてありがとうございます。
代表Kさんは、いつのまにやら私達夫婦の関係性をばっちり見抜いてらして、びっくり。

「奥さん、のんびり言いたいこと言って
大事な所はご主人に『よろしく~♡』って感じでしょ?」

…^^;



この翌日には、偶然にも信州でお家を建てた、私の愛知県での会社員時代の先輩宅へお邪魔。
吹き抜け空間に広い土間、薪ストーブ、雪を眺める大きな窓…すてきなお家でした*´-`*
スポンサーサイト
23:10:27 | 設計中 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。