スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
001. この家、どう?
 2010.09.15 Wed
written by maimo*
R1022269.jpg

「この家、どう?」
「会社早く上がれたから、見て来ちゃった」
「時間あったらmaimoちゃんも見に行ってみて」

と、夫が言い出したのが2010年の9月中旬。

夫も私も、実家は関西の長男長女。
新婚当初こそ
「せっかく信州に来たんやから、古民家に住んでみたいなぁ」
と言っていたものの
「実家に帰らなあかんなるかも知れんし、一生賃貸」
がここ数年の夫の考え。
私も、最初は
「え~~何回も引っ越しめんどくさいぃ~」
と言ったものの、
社宅の居住期限があと2年になり
かなり本気で中古賃貸マンションを調べていたのです。


ここへ来ての古民家急浮上!?
何か心境の変化が!?
サラリーマン × 主婦夫妻は、本当に憧れの古民家に住めるのでしょうか?
ドキドキ。
スポンサーサイト
23:55:00 | プロローグ | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
002. 宿場町へ
 2010.09.16 Thu
written by maimo*
DSC_6507.jpg

翌日。
朝食を食べて夫を送り出し、いつものように洗濯物を干し終えて
昨日の古民家の話がなんとなーく気になった私は
ずっと使っていなかった地図を取り出し、娘を車に乗せて出発。

いつも知らない所に行く時は、mapionで詳しく調べて
プリントアウトして出掛けるのですが(ナビが着いてない車なので^^;)
勘で行けるかな?と、とりあえず出発。

が、予想外に迷ってかなりうろうろ…
沢山の人に道を聞いて、
松本市の南端の社宅から、北端の目的地まで
2時間弱の長時間ドライブになりました;
それでもなんとか、雨が降り出す前に到着。

いいのかなーとドキドキしながら敷地内に車を止めると
ずっと眠ってくれていた娘、お目覚め。
知らない風景に泣き出したので
おんぶ紐でおんぶして、初めて、某宿場町の家を見ることに。

DSC_6500.jpg

まずはこっそり(笑)裏側から。
…うーん、結構、傷んでいる??
表側は漆喰できれいにしてあるけど、
こっちは土壁。…に、トタン、ボイラー?コンクリートの建て増し?

DSC_6503.jpg

そーっと表側へ。
前庭に沢山の植物。もみじもある!
蔵造り風の壁と、柱も素敵。(「なまこ壁」というそう。)

DSC_6505.jpg

玄関には、立派な木の看板に書かれた屋号。
かっこいい…**

DSC_6506.jpg

大きな窓から中を伺う。
向こう側の窓から見える、奥の庭の緑がとっても印象的。
ここをリビングダイニングにしたら
さわやかな風景やろうなーと、妄想。


お腹が空いてきた娘が主張しだしたので
帰りに、地元のスーパーでパンを買い
ついでにレジのおばちゃんにリサーチ。

近所に子どもさんが結構居ること、
2年後、周辺校と合併予定の小学校も
歩いて10分ほどの所に建つ予定だということ
保育園も割と近くにあること、など
かなり重要な情報を頂き、個人的第一回現地調査を終えたのでした。
23:26:12 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
003. 宿場町の家、はじめての内見
 2010.09.26 Sun
written by maimo*
R1022221.jpg

宿場町の古民家が気になりだして、
その週の週末は東京へ行く予定があったので
次の週末に初めての内見へ。

私達は時間ぴったり頃着いたのですが
その時には窓をすっかり開け放ち、風を通して待っていて下さったのが
不動産会社の石倉さん
「ホームページの似顔絵より優しそうな感じ!」
とこそこそ話しつつ^^;
さっそく中を見せて頂きました。

R1022198.jpg

なんと言っても印象的なのが、2階、元蚕部屋の梁!
どっしりと太く、曲がった、煤で黒くなった柱や梁は
ものすごく強い迫力。
吹き抜けにして、この梁を眺められるリビングにしたら…
とてもダイナミックで力のある空間がリアルに思い浮かび
想像するだけでドキドキする程。

R1022258.jpg

1階は昔ながらの「田の字」でたくさんの和室。

R1022257.jpg

余りの広さに娘も走り回ります。

でも…
キッチン、お風呂、トイレ等、改築はしてあるものの古く
かなり手を入れないと住むことは出来ない雰囲気。
玄関やキッチンへ向かうスペースも、和室につぎはぎの板の間など
ごちゃごちゃした空間になっています。
それに、土台や基礎がどうなっているかは
素人の私達ではとても判断出来ない…。
そもそも、1階の天井を抜いて大空間リビングは可能なのか?

そんなことを脈絡無く石倉さんに相談するうち、
「私の知り合いで、古材を集めて古民家再生をしている建築家さんがいます。
紹介しますので、次回一緒に見てもらいましょうか」と。

来週も東京から信州に来て頂くのか、申し訳ないなと思いつつ
渡りに船、でご親切に甘えることに。

これが、2週連続どころではなく、社員の方に
「また行くの!?」と言われてしまうほど
石倉さんに見学をお願いする、その始まりなのでした。 。。。
03:24:22 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
004. S町の家
 2010.09.27 Mon
written by maimo*
宿場町の家を見学し、公園でお昼ごはんのパンを食べて
午後に見学したのがS町の家。
結論から言うと…こちらはちょっと、期待はずれ。

庭と外観はとても古き良き感じだったのですが
一番古い家の部分はガレージに改装されていて、
居住部分は増築された部分。
そちらも、販売するにあたって新しくリフォームされているのですが
ビニールクロスを使ってあったりして、私達の趣味とは全く違う…。

一通り見学はさせてもらいましたが、こちらは違うな、ということに。
リフォームの仕方次第で、家は長ーく生きもするし、その逆も…と
感じました。
23:26:44 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
005. 周辺環境
 2010.09.28 Tue
written by maimo*
R1022314.jpg

数回、家を見に行くあいだに、軽く、いくつかの周辺環境調査も。

写真は中学校。
数十年前、4つの村の中学校が合併してでき
10年くらい前、この場所に移転し、新しい校舎になっています。
宿場町の家からは歩いて20分くらい。
もっと近道もあるのかも?
見に行ったのはお休みの日だったけど、部活かなにかがあったのか
校庭で十数組の親子がおべんと中。
すれ違う子供たちはみんな「こんにちはー!」と挨拶してくれて
気持ちの良い中学校でした。

小学校は2年後に廃校・合併するとのことで、
遠くなってしまわないか心配していたのですが
スーパーの店員さんとお喋りし調査(笑)したところ
こちらも徒歩20分くらいの所に新設されるそう。

R1022307.jpg

小学校予定地の横には、新しいこぢんまりした公園。
娘も喜んで遊んでいました☆
奥には、8年前に出来たという市役所の支所(旧村役場)。

同じくスーパーの店員さん情報で、
私達が住もうとしている通りには小さいお子さんが数人いらっしゃることも確認。
今の社宅のように、同い年の子が近所に何人も…という訳にはいかないかも知れないけど
まったく子どもがいない訳じゃないのね、と一安心です。

知らない人とガンガンお喋りしての情報収集は
関西のおばちゃんならでは*^w^*
これからもご近所の方にいろいろ教えて頂こうと思います♪

R1022437.jpg

いいところやといいねぇ☆
12:09:30 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。