スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
066. 床、ぬりぬり(ゴシゴシ)
 2011.06.29 Wed
written by maimo*
暑くなりました~~!!
ここ信州松本でも、最高気温は33度超え。クーラー無しの社宅、さすがに昼間はツライです。
夕方6時になると、さ~っと冷たい風が吹いてくるので
関西や関東の熱帯夜のつらさはなく、一時の辛抱なんですけどね。

こないだの週末は、古民家の床を塗りにいってきました。
暑い日でしたが、天井が高くなり風通しも良い古民家、風を感じて涼しく心地よい空間です☆

DSC_9403.jpg

奥に見えるのは元床の間だった所。
作り付けの棚にしてもらい、本棚やテレビ台として使います。

夫と建築士さんチョイスの床仕上げ材「キヌカ」

DSC_9668.jpg

お米の油です。
当然ですが匂いがなく、子供たちが居ても、安心して塗れる素材です。
あ、走り回って塗ったばかりの所を踏まれないように…と言う点では他の塗料と同様、安心できませんが^^;

DSC_9415.jpg

まずは箒で掃き掃除、その後固く絞った雑巾で拭き掃除。床が乾いたら準備完了。
ウエスを浸して固く絞り、雑巾掛けのように、磨いて艶出しをするように、ゴシゴシ。
無垢のパイン床の木目が引き立ってきます。
主に夫が頑張り、時々私が交替(笑)
いや、サボった訳ではないのです。子供たちも見ないとだから…^w^;

トイレと家事コーナー、階段下~薪ストーブ横を塗っただけの私ですが、
力を入れすぎて翌日は胸筋と膝が痛かった☆
こうやって自分の手で仕上げると、愛着ひとしおです。


「家をピカピカに磨き、結界を張って、家族の健康と幸せを守るのが主婦の仕事」
というのが実母の信念であり、口グセ。
整理整頓や掃除が苦手で呆れられてきた私ですが、
ひとまず固絞りぞうきんでの掃除をしっかり!!から頑張ります。
頑張れそうな気がしてきたぞー☆☆
スポンサーサイト
23:32:19 | 建築中 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
064. コンクリート打設
 2011.02.14 Mon
written by maimo*
DSC_7987.jpg

基礎工事がはじまりました。
昨日施された配筋の上に、防湿コンクリートが打設されています。

DSC_7961.jpg

縦に置かれているのは、おそらく、布基礎の配筋。
基礎屋さんをはじめ、鉄筋屋さん、曵き屋さんと沢山の職人さんが作業して下さっています。

DSC_7982.jpg

流し込まれた後は、ならされてツヤツヤの平らに。

…と、書いておりますが、実は私、現地に行っておりません^^;
娘が鼻水を出していて、本日は体調重視でお留守番、でした。
今週末の出産までに治さないとお見舞い不可、暫く母と会えない状況になってしまうので( ̄□ ̄;)

詳細の報告は、半休とって見に行った夫のブログ更新をお待ち下さい☆
23:16:55 | 建築中 | COMMENTS(2) | trackbacks(0)
056. 凸凹、スッキリ
 2011.01.11 Tue
written by maimo*
DSC_7724.jpg

三連休最終日。夫の風邪も落ち着いたので、家を見に行ってきました。

DSC_7726.jpg

外壁の不要部分の解体が進み、出っ張っていたお風呂の壁やバルコニーが取り除かれています。
さて、どんな風に窓を開けるのがカッコいいのだろう…

DSC_7066.jpg
before

DSC_7728.jpg

裏手も、凸凹だったキッチン部や古いボイラー等が取り除かれ、すっきり。
小さな貯水池も、解体で出た土壁などで埋めてもらっています。
(井戸があるので、家庭菜園にはそちらを使おうと思っています)

DSC_7070.jpg
before

解体作業は一段落したようで、ベニヤ板でしっかり戸締まりしてあり、今日は中には入れませんでした。

建築士さんによると
「基礎の採寸は出来ているので、今週基礎の実施設計、週末には方針をお伝え出来ると思います」
とのこと。
どんな感じに補強されていくのでしょう…想像つかない!
00:13:41 | 建築中 | COMMENTS(2) | trackbacks(0)
053. あけましておめでとうございます
 2011.01.06 Thu
written by maimo*
nigaoe.jpg

2011年、あけましておめでとうございます!
昨年中お世話になった皆様、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
気付けば明日で松の内も終わり。良い年末年始を過ごされましたか?


年明け早々、お世話して頂いた不動産屋さんの日本マウントさんから似顔絵のサプライズプレゼント! ↑↑↑
似顔絵を描いて頂くのは初めてで、とっても嬉しい!
もうすぐ出てくる予定の第2子も一緒に描いて頂いています♪
写真を飾るのとは全然違う味のある、似顔絵。絵の力、再発見です。
日本マウントさんは、社内にイラストレーターさんがいらっしゃる模様。
不動産会社のイラストレーターさんなんて、すごい珍しいですよね。

写真だけを見て描いて頂いたのに、似てます!(夫も私も美化して頂いてますが…かなり^w^)
素敵なアイディアのプレゼント。新居に飾るのが楽しみです。

(蛇足ですが、春に私が描いた友人の似顔絵、このイラストレーターさんと絵柄がちょっと似ている気が!
もちろん、線の迷いのなさや陰影の完成度、足元にも及びませんが。。それでもちょっと嬉しい*)


DSC00126.jpg

解体工事の方は、昨年末の12/30まで作業して下さっていました。
(写真は建築士さんのメールよりお借りしました)
仮筋交いが入り、床も撤去されています。

そして…予想以上に基礎が「無かった」とのこと。
まだ詳しくは聞けていないのですが、地面のすぐ上で柱と柱をつないでいるこの木材が
布基礎の役割を果たしていたということなのか…?
今だったら一面コンクリートを流して固めている部分。
昔の建築物って、本当にすごいですね。。
(逆に、「ハコが地面に乗っている」この形の方が地震に強いというのも頷けます)

「いかにして上屋を維持しながら基礎の強度を上げていくか、正念場」
と、デルタ代表、Kさん
「大棟梁」(棟梁の棟梁をこう呼ぶそうです)と「曵き家」の専門家に一度見て頂いて
今後の方針を決めていくそうです。
基礎や土台は、私達素人には到底分からない部分。よろしくお願いします!です。

13:10:05 | 建築中 | COMMENTS(2) | trackbacks(0)
052. 解体進行中
 2010.12.29 Wed
written by maimo*
午後半休をとった夫とともに、家を見てきました。

DSC_7477.jpg

解体工事がだいぶん進んでいます。
想像していたよりも屋根が高く、ものすごい迫力!
ぶらさがっている細い木は、天井を吊るしていたものです。

DSC_7498.jpg

解体途中のため、ランダムな吹き抜け状態。1階から2階を見ても2階から1階を見ても
変化に富んだ空間になっています。
「2階は住みながら考えた方が、どんどんアイディアが出て来ると思う」
という建築事務所代表Kさんの言葉が浮かびます。
たしかに、いま決めてしまうよりも住みながら感じ、熟考したほうが、面白い2階が作れそう。
予算上あきらめた、DIYする予定の2階です^^;)

DSC_7491.jpg

畳もはがされています。ガムテープと板材でバミり、
キッチンのサイズ、暖炉の位置、階段の位置、壁の位置、ソファの位置をシミュレーション。
白壁のガムテープが冷蔵庫位置、2列に並んだ板がアイランドキッチンの見立て。
現地で実物大を想像すると、図面をみてああでもないこうでもないと言っていたことがあっさり決定。

DSC_7506.jpg

キッチンに立った位置から見上げると、極太の梁と小屋組。「maimoちゃん特等席やな」と、夫*^w^*

DSC_7493.jpg

ソファの置き場所考慮中(笑)

DSC_7515.jpg

施工管理Kさん出張のため、本日午後は休工。娘も車で寝ていてくれたのでゆっくり見ることが出来ました。
次に現場を見るのは年明けになるかな?ブログ更新も、次回は来年に。


2010年。
この家に出会い、たくさんの温かくカッコ良く、ご縁を感じる方達と出会い
私達の人生の中で本当に大きな一年だったと感じます。
お世話になった皆様、本当に本当に、ありがとうございます。

来年も、第2子出産、家の完成、引っ越し…と、とても大切な一年になりそう。
良い一年になりますように!

みなさまどうぞ良いお年を。
00:12:59 | 建築中 | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
048. 着工!
 2010.12.25 Sat
written by maimo*
R1022573.jpg

はらはらと雪が舞うクリスマスイブ、いよいよ着工となりました。
午前中は大工さん・解体業社さんと揃っていらっしゃるとの事で
夫は半休をとり、家族3人でご挨拶に。

9時頃現地についてみると、解体業社さんの作業はすでにはじまっていました。
2階増築部分、新建材の天井が見る間に取り壊され、旧い垂木、梁や柱があらわに。
塗り固められたりしていた訳ではなく、板で囲われていただけのようでホッとしました。

施工管理のKさんによると
「『黒い木は切るな!』と指示してあります。分かりやすいでしょ(笑)」

天井に近い部分の土壁を残すかどうか、
屋根に断熱を入れても垂木を見せる事ができるかどうか…など
現場で一緒に判断していく事も多くなるとの事。
「1月、全部会社休みたいくらいです」と夫。
いやいや、気持ちは分かりますが、会社も行ってもらわないと…^^;


少しすると、金物を買いにいっていたという大工さんたちも戻ってこられ、ご挨拶。
ジャッキや筋交いで補強をしながら、1階の解体をすすめるそうです。


解体業社さん、基礎屋さん、大工さん、電機工事屋さん、サッシ屋さん…
この工事で、17種類もの業者さんが作業をして下さるそう。
たくさんの専門家がいらっしゃるのですね。


R1022569.jpg


10時の休憩の時間になり、みなさん駐車場で煙草タイム。
差し入れの温かい飲みものはぬるくなってしまっていました。寒い中、ありがとうございます!

解体業者さんの1人、若い方は近所に住んでいらっしゃるそう。
娘に「こんにちは!○○保育園かな?」
「俺、○○保育園だったんですよ。小学校もすぐそこの所に通ってました」
同級生とは今でもみんな仲良し、とのこと。
娘にもそんな同級生ができるのだなーと、楽しみです。


Kさん、出てこられたお向かいの家のご主人になにやらお礼を。
聞いてみると、ここ数日の寒さでボイラーが傷み、水が噴出していたのを
お向かいさんがみつけ、電話して知らせて下さったそう。
引っ越し前から早速お世話になってしまいました^^;


はす向かいのおばあさんも、私達がいるのを見つけ、娘におやつを持って来て下さいました。
お礼にと思ったのか、娘が「どうじょ」と木の実をわたし、とても喜んで下さっていました。


「『入居したら』じゃなくて
工事が始まったら、いや、家を購入したら、もうご近所付き合いの始まりなんですよ」
と言われたKさんの言葉を実感する出来事でした。
00:55:41 | 建築中 | COMMENTS(2) | trackbacks(0)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。