スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by maimo*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
042. 融資、決済、引き渡し
 2010.12.14 Tue
written by maimo*
12月14日・先勝の日の午前中、無事に決済を終えました!

R1022565.jpg

夫は有休をとり、銀行の応接室をお借りして

不動産会社さん
司法書士さん(売り主さんの代理をかねて)
抵当権を持っていらっしゃった銀行の方
今回融資して頂く銀行の方
そして、買い主の私達

5者での取引となりました。

前回の契約時に、重要事項の確認、署名捺印は済んでいるので
本日は登記書類の最終確認と署名捺印、
不動産代金、仲介手数料、司法書士さんへのお礼の支払い
そして、引渡しでした。
家の鍵という、とても象徴的なものを手にし
あれだけの歴史のある家を受け継いだのだな、と感無量でした。


通帳を見せて頂くと、
銀行からの融資の振込→すぐに売り主さんの口座に送金
になっているので、一瞬の見たこと無いような桁数に
「おぉ~~」という感じでした^^;


融資をして下さる銀行の担当者、Tさんの采配で
登記の曖昧だった事項がすべてクリアになっていたので
安心して決済することが出来ました。

また、仲介していただいた不動産会社、日本マウントの石倉さんには
長い期間、家を購入するかどうかの検討に
毎週のように東京から駆けつけ、お付き合い頂き
「遠慮なく、本音で何でもご相談下さい」とまで言って頂き
価格面のこと、リノベーション業者さんのことなど
たくさん力になって頂きました。

本当にありがとうございます。


手続きが済んだ後は、お世話になった石倉さん、Tさんと記念撮影!
不動産会社さんからは、家族の似顔絵のプレゼントを描いて頂けるとのことで
とっても楽しみです☆

石倉さんは、今回のことを社長ブログの記事にもして下さっています!


午前中、無事に決済を済ませ
午後は第2子の妊婦健診、スタッドレスタイヤの交換、翌日の神事の準備と
とても忙しく、充実した一日になりました。


さて、明日も早起き、忙しいぞー☆
スポンサーサイト
23:34:40 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
034. 不動産、契約!
 2010.11.25 Thu
written by maimo*
23:51:39 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
033. 契約前日2
 2010.11.24 Wed
written by maimo*
夕方、銀行のTさんから再度電話が。
不動産会社に直接問い合わせをして下さったそう。


まずは、前記事の 2.登記の事。


  2-1. 母屋増築後の登記はきちんとし直されている
  2-2. 家の裏手に残っている旧いトイレだったであろう小屋が
      取り壊し済み、との登記になっている。



2-2、赤字部分は新たな問題です。
登記と実情がしっかり合った状態で取引をするのが正当だということで
この部分は売り主さん持ちで


 ・「錯誤」(勘違いで、やっぱりこわしてませんでした)の登記をし直してもらう
 or
 ・取り壊してもらう


どちらかして頂けるよう、直接交渉すべきだとの事です。


続いて 029. 権利関係、ちょっとハプニング?で書いた問題。

Tさん、法務局のHPで確認して下さった所、


  根抵当権の抹消が完了していない!



売り主さん側はすぐに手続きをして下さったそうなので、
おそらく年末に向けて法務局が混んでいるせいだろうとのことですが
念のため、


  抹消の手続きをした証拠書類を持って来てもらった方がいいだろう


との事。


Tさん、司法書士さんにも相談して下さったようですが
以上2つの懸案事項をしっかり確認した上であれば、
明日契約に臨むという事で問題がないだろうとのこと。


なかなか綱渡りですが、やっとここまで来たー…という感じ。

初めて売り主さんにお会いするのはちょっと緊張しますが
そして、不動産の契約という、一生に何回もないであろう舞台
結婚式よりも緊張しますが…

明日の契約が、楽しみでもあります。
23:19:48 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
030. 古民家前庭、秋色
 2010.11.17 Wed
written by maimo*
R1022496.jpg

娘の風邪が治ったと思ったら、今度は私が寝込んだ週末。
夫が「寝ときー」と、娘をつれて出掛けてくれたので
手作りマスクを装着してがっつり休ませてもらいました。

2人が向かったのは、契約間近の宿場町の家。
濃い赤茶に色づいたもみじと紫式部。すっかり秋の風景です。
私も行きたかったー☆

DSC_65050.jpg

初めて訪れた頃は、こんなに青々していました。
異例と言えるほど?長い検討期間にお付き合い頂いて
日本マウントさん、本当にありがとうございます。


咳風邪、流行っているようです。みなさまもお気をつけて!
07:10:22 | 古民家探し | COMMENTS(2) | trackbacks(0)
020. 家作りの優先順位
 2010.11.01 Mon
written by maimo*
一般に、新築よりもお金がかかると言われる古民家再生。
私達は、特別裕福ではない、
普通のサラリーマン&ちょこちょこ働く主婦家庭。

ここまで話が進んでいる時になんですが、
ほんとにこの選択が正しいのか?という迷いを
前回の記事で書きました。

で。
ドライブ中ふと、夫に聞いてみました。

私「wakamatsuyaの、家に対する、譲れない条件って何?」

夫「ほぇ~?難しいなぁー」

 「…1. 普通じゃないこと。

   2. 健康にいいこと。寒くないことも含めて(笑)」

普通じゃないこと…うーん、夫らしい。
夫に聞いたので、私も考えてみました。

   1. 構造が見えること。

    今までいいなーと思った家や建築やプロダクトを考えてみると…

   2. 見晴らし。

    今まで住んだ部屋や家が全て、目の前が建物だったり線路の土手だったりしたので
    空間の広がりを目にしながら日々過ごしたい、と希望。

寒くないこと第一だったらマンションになるんやろうけど、
そうすると構造が見えるのは難しい。
飾り梁とか使った新築にすることも出来るけど、
新興住宅地なんかでは見晴らしは臨めない、だろう。

こうやって、譲れない部分考えてみると
古民家をしっかり再生することが最高の選択って気がしてきました。
という訳で、計画続行。
もちろん予算はしっかり立てて、削るとこ削っていかなくちゃーですが^^;
13:13:59 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
019. 揺れる
 2010.10.31 Sun
written by maimo*
揺れています。

夫はほぼ心を決めているというものの


宿場町の古民家+土地のお値段 > 通勤、便利さ等同程度の土地
リノベーション費用      ≧ 新築費用


「新築の方が安く建てられる」
というのは、いくつかのリフォーム・建築会社さんにも言われた事。

そもそも、ほんの数ヵ月前までは、社宅を出てまた賃貸の心づもりでした。


もちろん、あの、宿場町の家にはお金には変えられない魅力がある。
本物に住まう、歴史のある本物に日々触れる事ができる、という魅力。

でも、費用のこと、管理のこと、夫の通勤のことなど、大変になる点も、もちろん。
私達は、特別裕福ではない普通のサラリーマン&ちょこちょこ働く主婦家庭。子どももいる。
ローンの額だって、これからの生活設計にとっても重要です。


ね、悩むでしょ?
02:21:32 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
009. 塩尻、某宿場町「近く」の家
 2010.10.11 Mon
written by maimo*
住所から、塩尻市の元宿場町付近ではないかということで見に行った家。
内装の写真からも、作り付けの本棚があったり梁が見えたり…と
その辺りを楽しみにしていった家ですが、残念!
こちらは、想像と違いました。

住所こそ宿場町の名前になっているものの、
家の周りはぶどう畑と小さな自動車工場。
廃車になった車や廃タイヤが沢山積まれていて
お世辞にも治安が良さそうとは思えない所。

内装の写真で良さそうだった所も、どうやら子供部屋として作られた
ログハウス風の一部屋のみ。
私達にとっては、魅力が全くない家でした。

でも…なにより「無いなー」と思ったのは
ものすごい量の蚊がいたこと。
盆地の底にあたる立地で、かなり湿気があるのでしょう。
娘も私も十数箇所蚊に噛まれ、早々に退散しました。

そんな環境で、今回の不動産会社の方は内見の時間に遅刻されたというのも
大きなマイナスポイント。

この数週間で見に行った家では(すべて違う不動産会社さん)
担当者の方が分かりやすい場所に立って待っていて下さいました。
空き家になっている所では、窓を開け、スリッパを用意して。
雨の日は、傘をさし、私達の分の傘まで準備して、家の前に立って。
当たり前のように思っていたその「おもてなし」が
素晴らしい心遣いなのだと、気付かされた出来事でもありました。
23:27:36 | 古民家探し | COMMENTS(0) | trackbacks(0)
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。